マーケティング特化型サイト「ビジネスを成功に導くグローバルマーケティング戦略のポイント」ではマーケティングスキル・ノウハウ・テクニック・実践例・体験談などを中心にあなたのビジネスの成功やブランディング構築に有益なマーケーティング戦略を配信しています。
インバウンドマーケティングの効果と5つのメリットについて
インバウンドマーケティングの効果と5つのメリットについて

最終更新日 : 29-11.2021


インバウンドマーケティングの効果と5つのメリットについて

インバウンドマーケティングの効果やメリットが注目されている背景を理解することで、インバウンドマーケティングの具体的な効果やメリットが見えてくると思います。

インバウンドマーケティングの効果と5つのメリットについて

 

1.お客様に好印象を与えやすい

テレマーケティングやダイレクトメール、バナー広告などのアウトバウンドマーケティングのアプローチは、日々触れられる機会が多い。

しかし、お客様が望んでいない情報を一方的に提供されても、興味を持ってもらえません。

アプローチが強引であれば、商品や企業に対して悪い印象を持たれることも多いでしょう。

インバウンドマーケティングでは、お客様が自分で見つけた情報を、お互いに顔を合わせて見ることができます。

そのため、情報をプッシュしたり、企業に関する適切な情報を提供したりすることで、悪い印象を持たれにくくなり、ファン獲得にもつながります。

 

2.高い費用対効果が期待できる

アウトバウンドマーケティングは、Webメディアに掲載する記事などのコストがかかり、不特定多数の不特定多数の人を対象に実施することが多いため、必ずしも高い効果が期待できません。

インバウンドマーケティングは、オウンドメディアによる情報発信が基本となります。

ユーザーが自ら自社サイトにアクセスするため、低予算で集客コストを抑えることができます。

また、獲得できる可能性のあるお客様は、興味を持って会社を訪れてくれるので、そもそも確率が高いと言えます。

 

3.適用したデータの分析を行うことができる

インバウンドマーケティングでは、興味を持ったお客様が自社のサイトやメディアに訪れるので、分析ツールを導入することで、その訪問者の行動を分析することができます。

インバウンドマーケティングの利点は、マーケティング戦略を起点に、蓄積されたデータをより効果的に分析できることです。

 

4.作成したコンテンツが資産になる

インバウンドマーケティングのメリットは、インバウンドマーケティングのために作成したWebコンテンツを資産として活用できることです。

役に立つと判断されたコンテンツは、お客様のリピートを促し、その後も企業の資産としてWeb上に残ります。

展示期間中に上げられてWeb上に出てくる広告とは違い、自分が作ったWebコンテンツは一度作っただけでお客様を魅了し続けます。

ただし、定期的にブラッシュアップしていかないと、コンテンツが古くなったり、お客様のニーズと乖離してしまうので注意が必要です。

 

5.事業活動の成果に結びつきやすい

インバウンドマーケティングは、アウトバウンドマーケティングに比べて、購入意欲のある顧客を獲得しやすい。

リード情報を得た後、企業の戦略に沿ってナーチャリングを実施し、さらに購入意欲を高めていきます。

購入意欲が高まった後は、営業部門と情報を共有することで、スムーズな営業活動が可能になる。

マーケティング部門がビジネスのための質の高いリード情報を継続して共有することが、売上拡大につながるのです。

 

 



Posted Articles Title : インバウンドマーケティングの効果と5つのメリットについて


Posted by : ビジネスを成功に導くグローバルマーケティング戦略のポイント




   
Share







>
CTR IMG