マーケティング特化型サイト「ビジネスを成功に導くグローバルマーケティング戦略のポイント」ではマーケティングスキル・ノウハウ・テクニック・実践例・体験談などを中心にあなたのビジネスの成功やブランディング構築に有益なマーケーティング戦略を配信しています。
企業分析
3C(市場・顧客、企業、競合)マーケティングの導入と分析方法

最終更新日 : 29-11.2021


3C(市場・顧客、企業、競合)マーケティングの導入と分析方法

3C(市場・顧客、企業、競合)マーケーティングの導入と分析方法

市場・顧客の分析

近年のマーケティング活動は顧客の視点で行う必要があるため、最初に分析する対象は市場・顧客である。

市場や顧客を知らずして自社の評価はできないため、まずは市場規模や成長性、顧客ニーズなど、顧客の購買意欲や能力を分析する。

実際の分析では、マクロ分析とミクロ分析の2種類の分析を行う。

マクロ分析はミクロ的な分析で、フレームワークとしてはPEST分析がよく使われます。

PESTとは、4つの外部環境の頭文字をとったもので、それぞれ次のような要素を指します。

 政治。政治的動向、規制緩和、税制、法改正、デモなど。
 経済。経済のこと。消費や景気の動向、為替や金利の動き、経済成長率など。
 Society:社会。少子化、高齢化、多様化、トレンド、消費者の嗜好の変化など
 テクノロジー 技術革新、特許、インフラ、IT、情報化時代など

これらの外部要因は、ある企業にとっては機会となり、別の企業にとっては脅威となります。

しかし、自分の思い通りにならない社会的要因もあります。

 

分析したマクロ要因が自社にどのような影響を与えるかを理解し、今後予想されるトレンドや時代のニーズに合わせた戦略を立てることが重要です。

ミクロ分析とは、特定の業界が自社のビジネスに与える影響を分析することです。

以下の5つの脅威要因を分析するために、「5フォース分析」という手法がよく使われます。

 新規参入者の脅威
 業界内のライバルの強さ
 代替製品の脅威
 買い手のバーゲニングパワー ・売り手のバーゲニングパワー
 売り手のバーゲニング・パワー

競合他社のパワーバランスや関係性を分析することで、自社を取り巻く脅威を把握し、収益性を高めるための戦略を立てることができます。

市場・顧客の分析

競合他社分析

競合分析では、売上高、従業員数、市場シェア、競合製品・サービスの強みと弱みなど、競合状況を分析します。

競合他社のビジネスは、2つの軸で分析するとよいでしょう。

 

それは”結果 “と “要因 “です。

 

“結果 “とは、競合他社の売上高、利益率、市場シェア、顧客数など、明らかなビジネス上の成果のことです。

同時に、競合他社の資産をどのように活用できるかを示す、従業員一人当たりの売上高や顧客数にも注目してください。

 

“要因”では、結果の背景や効率性を分析します。

販売チャネル、販売システム、製造プロセス、新製品開発、カスタマーサポートなど、さまざまな面で競合他社がどのように取り組んでいるかを明らかにし、売上向上の鍵となるものを探します。

分析で注目したい競合他社の結果が出たら、引き続き、明らかになった競合他社の「結果」や「要因」から、どうやって売上を伸ばしているのか、その醍醐味を知ることができます。

それを自分のマーケティングに取り入れればいいのです。これをベンチマーキングといいます。

ベンチマーキングの例としては、1980年代にアメリカのゼロックスが、L.L.ビーンの倉庫業務とアメリカン・エキスプレスの請求書回収業務をベンチマーキングして、業務の効率化とコスト削減を図ったことがよく知られている。

特許切れで複写機市場での競争力を失い、深刻な経営不振に陥っていたゼロックスは、ベンチマーキングで大きな成果を上げただけでなく、その結果を公表することでベンチマーキングの普及に貢献したのです。

企業分析

企業分析

企業分析では、これまでの分析結果をもとに、企業の事業戦略を立案します。

市場や顧客の変化を理解し、競合他社がその変化にどのように対応しているかを自社と比較して把握する。
経営資源、売上高、市場シェア、収益性、販売チャネル、技術力、組織力など様々な側面に着目し、自社の強み・弱み、KSF(成功要因)を導き出す。

 

SWOT分析/クロスSWOT分析

SWOT分析とは、企業の内部・外部環境をStrength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の4つの視点から分析する手法である。

 

Cross-SWOT分析は、KSF(成功要因)を発見するのに有効です。

縦軸に「Strengths」「Weaknesses」、横軸に「Opportunity」「Threats」をとり、SWOT分析の結果を戦略に落とし込みます。

 

「強み」×「機会」 = 強みを活かして機会を最大化する方法

強み×機会

強みを活かしていかに機会を最大化するか 強み×脅威

強みを活かして外部環境にどう対処するか 強み×機会

強み×機会:強みを活かして機会を最大化する方法

Weaknesses x Opportunities(弱み×機会)= 弱みを克服し、機会を生かす方法
Weaknesses x Opportunities(弱み×機会)= 弱点の克服と機会の活用方法 弱点×脅威 弱点の克服 そして外部からの脅威にどう対処するか

SWOT分析、クロスSWOT分析ともに、輸出する項目に重複や漏れがないかを確認します。



Posted Articles Title : 3C(市場・顧客、企業、競合)マーケティングの導入と分析方法


Posted by : ビジネスを成功に導くグローバルマーケティング戦略のポイント




   
Share







>
CTR IMG