マーケティング特化型サイト「ビジネスを成功に導くグローバルマーケティング戦略のポイント」ではマーケティングスキル・ノウハウ・テクニック・実践例・体験談などを中心にあなたのビジネスの成功やブランディング構築に有益なマーケーティング戦略を配信しています。
インバウンドマーケティングとは?インバウンドってどんな意味?
インバウンドマーケティングってなに?

最終更新日 : 29-11.2021


インバウンドマーケティングってなに?

企業のWebサイトやブログ、ソーシャルメディアがマーケティングツールとして活用されるようになると、自社ブランドでお客様を惹きつける「インバウンドマーケティング」を導入する企業が増えてきます。

インバウンドマーケティングとは、潜在的な顧客がWeb上で情報を収集する過程で、自ら企業にアプローチすることを促すものです。

インバウンドマーケティングってなに?
インバウンドマーケティングとは?インバウンドってどんな意味?

「インバウンド」とは、「入ってくる」「内向き」という意味です。
インバウンドマーケティングとは、企業が適切な情報を発信することで、興味を持った潜在顧客の目に留まり、その潜在顧客が企業にコンタクトしてくるというプル型のマーケティング手法です。

インバウンドマーケティングは、プル型のマーケティング手法です。

具体的には、「検索エンジンでの上位表示を目指したSEO対策」「ソーシャルメディアでの情報共有・拡散を目指す」「ウェブ上での動画コンテンツの公開」など、ウェブ上で潜在顧客に自社の商品・サービスを知ってもらい、興味・購買意欲を高めてもらうことを目的としています。

このようにして、お客様の関心を高め、購買意欲を高めることができるのです。

現在は、お客様の興味や欲求に働きかけるインバウンドマーケティングに注力する企業が増えています。

 

一方、アウトバウンドマーケティングは、プッシュ型のマーケティング手法です。

「アウトバウンド」とは「外へ、外へ」という意味で、テレマーケティングやダイレクトメール、マス広告などのアプローチが含まれます。

インバウンドマーケティングは、消費者を追いかけるインバウンド・マーケティングとは正反対の手法です。

コストが高くなりがちですが、短期間で認知度を上げたい場合に適しています。

インバウンドマーケティングとは?インバウンドってどんな意味?

インバウンドマーケティングに注力する企業が増えている背景

インバウンドマーケティングに注力する企業が増えている背景には、アウトバウンドマーケティングの効果が薄れてきたことがあります。

近年のインターネットの普及により、誰もが知りたいことを自分で調べられる環境が整いましたが、その一方で、自分にとって不要と思われる情報をシャットアウトしてしまう傾向があります。

これはBtoBでも同じことが言えます。ダイレクトメールで送られてくる一方的な情報を受動的に処理して購入に至るケースは激減しており、情報を受け取った人がまずインターネットで情報を収集し、自分で「調べて」から実際に購入・導入するケースがほとんどです。

そのため、商品やサービスを販売するためには、情報収集の段階から購入者のニーズに合った有益な情報を提供する「インバウンドマーケティング」が必要となります。

 

 



Posted Articles Title : インバウンドマーケティングってなに?


Posted by : ビジネスを成功に導くグローバルマーケティング戦略のポイント




   
Share







>
CTR IMG