マーケティング特化型サイト「ビジネスを成功に導くグローバルマーケティング戦略のポイント」ではマーケティングスキル・ノウハウ・テクニック・実践例・体験談などを中心にあなたのビジネスの成功やブランディング構築に有益なマーケーティング戦略を配信しています。
「顕在市場のニーズ」と「潜在市場のニーズ」とは?
市場戦略研究「顕在市場のニーズ」と「潜在市場のニーズ」とは?

最終更新日 : 29-11.2021


「顕在市場のニーズ」と「潜在市場のニーズ」とは?

「顕在市場のニーズ」と「潜在市場のニーズ」とは?

まず、潜在的なニーズと顕在的なニーズという言葉の定義を確認しておきましょう。

 

「顕在市場のニーズ」とは?

顕在化したニーズとは、お客様自身が欲しいと思っている商品やサービスを認識している状態のことです。

お客様の全体的なニーズを氷山に例えると、水面から顔を出してはっきりと見えるものが顕在化したニーズです。

お客様は自分のニーズが満たされていることを認識し、行動を起こします。

 

「潜在市場のニーズ」とは?

一方、潜在的なニーズとは、お客様が明確には意識していないが、何らかの欲求を持っているものです。

前述の氷山に例えれば、水面下の部分で、表面には見えないが確実に存在しているものです。

潜在的なニーズは、お客さま自身が気づいていないことがほとんどなので、理解するのが難しい。

お客様自身が日常生活の中で自分のニーズに気づく場合もあれば、企業のマーケティング活動によって外部から欲求が明らかになったときにニーズが顕在化する場合もあります。

 

顕在化したニーズとウォンツの違い

潜在的なニーズをより正確に理解するために、「ニーズ」と「ウォンツ」の構造を見てみましょう。

先に述べたように、お客様のニーズには「潜在的なニーズ」と「顕在的なニーズ」の2種類があります。単に「何か欲しい」と思っているだけでは、ニーズではなく、ウォンツです。

 

 

「顕在市場のニーズ」と「潜在市場のニーズ」を知り市場の変化を知る

「顕在市場のニーズ」と「潜在市場のニーズ」を知り市場の変化を知る
「顕在市場のニーズ」「潜在市場のニーズ」や市場の変化を知ること 企業にとって、現在の市場を知ることは重要ですが、市場の将来を想定することはそれ以上に重要です。

市場は常に変化しており、その変化に遅れて市場を失うこともあれば、変化を先取りして新たな市場を獲得することもあります。

 

 



Posted Articles Title : 市場戦略研究「顕在市場のニーズ」と「潜在市場のニーズ」とは?


Posted by : ビジネスを成功に導くグローバルマーケティング戦略のポイント




   
Share







>
CTR IMG