マーケティング特化型サイト「ビジネスを成功に導くグローバルマーケティング戦略のポイント」ではマーケティングスキル・ノウハウ・テクニック・実践例・体験談などを中心にあなたのビジネスの成功やブランディング構築に有益なマーケーティング戦略を配信しています。
TAG

マーケティング

マーケティング手法「AIDMAの法則」の意味とは?「AIDMAの法則」の具体的事例は?まだ使える方法なの?理論が古くない?

マーケティング手法「AIDMAの法則」の意味とは?「AIDMAの法則」の具体的事例は?まだ使える方法なの?理論が古くない? マーケティングでは、お客様の心理をよく理解することが大切です。 AIDMAの法則をマーケティングのフレームワークとして知っているマーケターは多いと思います。 お客様の心理や行動プロセスを理解していないと、商品やサービスの特性を適切なタイミングで勧誘することができず、効果的なマーケティングを行うことができません。 今回は、細かく振り返って、BtoBに応用できるお客様の行動プロセスを表現した「AIDMAの法則」をご紹介したいと思います。     「AIDMAの法則」の意味、歴史、ルーツとは? AIDMAの法則のルーツは、これらの様々な考えがループして浮かぶのではなく、無意識のうちに「注目→興味→欲求→記憶→購入」に至るまでの行動プロセスの中で消去法のように頭の中で順番に購買意欲を検討していくという心理のことで消費者の購買行動の流れを表しています。 AIDMAの法則は、1924年にアメリカで販売・広告の実用事例を書籍化したサミュエル・ローランド・ホー […]

インバウンドマーケティングってなに?

インバウンドマーケティングってなに? 企業のWebサイトやブログ、ソーシャルメディアがマーケティングツールとして活用されるようになると、自社ブランドでお客様を惹きつける「インバウンドマーケティング」を導入する企業が増えてきます。 インバウンドマーケティングとは、潜在的な顧客がWeb上で情報を収集する過程で、自ら企業にアプローチすることを促すものです。 インバウンドマーケティングとは?インバウンドってどんな意味? 「インバウンド」とは、「入ってくる」「内向き」という意味です。 インバウンドマーケティングとは、企業が適切な情報を発信することで、興味を持った潜在顧客の目に留まり、その潜在顧客が企業にコンタクトしてくるというプル型のマーケティング手法です。 インバウンドマーケティングは、プル型のマーケティング手法です。 具体的には、「検索エンジンでの上位表示を目指したSEO対策」「ソーシャルメディアでの情報共有・拡散を目指す」「ウェブ上での動画コンテンツの公開」など、ウェブ上で潜在顧客に自社の商品・サービスを知ってもらい、興味・購買意欲を高めてもらうことを目的としています。 このようにして、お […]

3C(市場・顧客、企業、競合)マーケティングの導入と分析方法

3C(市場・顧客、企業、競合)マーケティングの導入と分析方法 市場・顧客の分析 近年のマーケティング活動は顧客の視点で行う必要があるため、最初に分析する対象は市場・顧客である。 市場や顧客を知らずして自社の評価はできないため、まずは市場規模や成長性、顧客ニーズなど、顧客の購買意欲や能力を分析する。 実際の分析では、マクロ分析とミクロ分析の2種類の分析を行う。 マクロ分析はミクロ的な分析で、フレームワークとしてはPEST分析がよく使われます。 PESTとは、4つの外部環境の頭文字をとったもので、それぞれ次のような要素を指します。  政治。政治的動向、規制緩和、税制、法改正、デモなど。  経済。経済のこと。消費や景気の動向、為替や金利の動き、経済成長率など。  Society:社会。少子化、高齢化、多様化、トレンド、消費者の嗜好の変化など  テクノロジー 技術革新、特許、インフラ、IT、情報化時代など これらの外部要因は、ある企業にとっては機会となり、別の企業にとっては脅威となります。 しかし、自分の思い通りにならない社会的要因もあります。   分析したマクロ要因が自社にどのよう […]

3C分析とは? 3C分析のマーケティング目標

3C分析とは? 3C分析のマーケティング目標 良い製品を作れば売れるという時代は終わりました。これからは、自社を取り巻く環境を分析した上で、マーケティング活動を行う必要があります。 マーケティング戦略を考えるためのフレームワークである「3C分析」は、顧客のニーズ、自社の強み・弱み、競合他社の動きなどを分析し、最適な意思決定を行うためのものです。 今回は、3C分析とは何か、3C分析のマーケティング目的、実際の分析方法などを紹介します。   3C分析とは? 3C分析とは、Customer(顧客)、Company(自社)、Competitor(競合)の3つの「C」を分析する手法で、事業計画やマーケティング戦略を決定する際に用いられます。 マーケティング戦略を決定する際には、企業がコントロールできない外部環境と、企業の内部環境の両方を分析し見る必要がある。 かつて、マッキンゼーの経営コンサルタントである大前研一氏が、著書『戦略家の心得』(1982年)で3C分析を提唱し、世界的に広く知られるようになった。 この本では、戦略立案を「市場・顧客」「自社」「競合」の3つの視点から分析すること […]

>
CTR IMG