マーケティング特化型サイト「ビジネスを成功に導くグローバルマーケティング戦略のポイント」ではマーケティングスキル・ノウハウ・テクニック・実践例・体験談などを中心にあなたのビジネスの成功やブランディング構築に有益なマーケーティング戦略を配信しています。
マーケティング戦略「4P」とは? マーケティングにおける重要な4つの要素

マーケティング戦略「4P」とは? マーケティングにおける重要な4つの要素

マーケティング戦略「4P」とは? マーケティングにおける重要な4つの要素

最終更新日 : 29-11.2021


マーケティング戦略「4P」とは? マーケティングにおける重要な4つの要素

マーケティング戦略「4P」とは? マーケティングにおける重要な4つの要素

企業の製品やサービスの魅力を消費者にうまく伝えるためには、適切な方法でマーケティングを行う必要があります。

マーケティングの手法を考える際には、価格設定や広告手法など、幅広い視点から戦略を立てる必要がありますが「どうすれば効果的にマーケティングができるのか」と悩んでいる企業もあるのではないでしょうか?

 

「4P」は、マーケティング手法を考えるためのフレームワークの1つです。

 

「4P」を意識して戦略を立てれば、売上につながる基本的な要素を抑えたマーケティング戦略を立てることができます。

そこで今回は、「マーケティング4P」の概要、「マーケティング4P」を効果的に実施するためのヒントなどをご紹介します。

 

4Pとマーケティングミックスの関係性

そもそも4Pは、マーケティングミックスの一部です。

マーケティングミックスとは、企業がお客様に商品やサービスを買ってもらうために行う手の組み合わせのことです。

 

具体的なマーケティングミックスの手法にはいくつかの種類がありますが、代表的なものに4Pと4Cがあります。

4Pとマーケティングミックスの関係性

4Pには、以下の4つの要素があります。

・Product(製品/プロダクト)
・Price(価格/プライス)
・Place(流通/プレイス)
・Promotion(販売促進/プロモーション)

 

これらの要素を意識したマーケティング戦略を行うことで、商品やサービスの魅力を消費者に的確に伝え、売上を伸ばすことができます。

4Pに含まれる各項目の特徴を以下に詳しく説明します。

 

 

4P = Product(製品、商品、プロダクト)について

プロダクトとは、企業が提供する製品やサービスのことで、4Pの中でも最も重要な部分と言われています。

4P = Product(製品、商品、プロダクト)について製品やサービスを開発する際には、それを体験した消費者がどのような恩恵を受けるのか、どのようなニーズを満たすのかを明確にすることが重要である。広い視野で商品やサービスを開発することができれば、より多くの消費者にその価値を感じてもらいやすくなります。

また、「製品」というと、消費者が実際に使用する「モノ」をイメージするかもしれません。

しかし、ここでいう「商品」とは、商品そのものだけでなく、デザインやパッケージ、ロゴ、アフターサービスなども含めたものです。

どんなに魅力的な商品であっても、デザインが消費者にとって魅力的でなければ、手に取ってもらうことは難しいでしょう。

商品やサービスの魅力を消費者に伝え、興味を持ってもらえるように工夫することで、売上につながりやすくなります。

 

4P = Price(価格/プライス)について

提供したい商品やサービスのイメージが固まったら、次は価格の設定です。

4P = Price(価格/プライス)について

 

価格を設定する際には、以下の3つのポイントを満たしているかどうかを確認しましょう。

 

・消費者が購入する価格であるか?

・提供する製品やサービスの価値に見合った価格であるか?

・会社が目標とする利益を確保できるか?

 

どんなに魅力的な商品やサービスでも、価格設定が間違っていれば、売上を伸ばすことは難しいでしょう。市場のニーズや競合他社を徹底的に調査し、根拠に基づいて価格を設定できるようにしましょう。

 

4P = Place(流通/プレイス)について

価格を設定したら、次はその商品やサービスをターゲットに届けるための流通方法(場所)を考えます。

4P = Place(流通/プレイス)について

商品やサービスを流通させる方法には、大きく分けて自社の販売ルートを利用する方法と、代理店や小売店を利用する方法があります。

近年では、インターネットやスマートフォンの普及に伴い、販売先を実店舗に限定せず、ECサイトでのオンライン販売を行うのも良いでしょう。

 

また、より多くの人に商品やサービスを届けるためには、必要に応じて複数の販売チャネルを作ることも重要です。

例えば、全国的に商品を販売したいのであれば、全国に店舗を持つチェーン店での販売ルートに加えて、ECサイトでの販売も検討することができます。

また、地域に密着したサービスを提供したいのであれば、実店舗での販売だけでなく、人通りの多い施設での移動販売にも力を入れることができます。

 

4P = Promotion(販売促進/プロモーション)について

販売チャネルが決まれば、次はその商品やサービスをどうやって知ってもらうか(プロモーション)を考えます。

4P = Promotion(販売促進/プロモーション)について

どんなに良い商品やサービスを開発しても、消費者に知られていなければ買ってもらえません。

製品やサービスを適切な方法でプロモーションして認知度を高めることができれば、企業としては売上を伸ばしやすくなります。

 

プロモーションや販売促進の代表的な例としては、テレビCMや新聞広告などの「マス広告」を利用したり、ダイレクトメールや折り込みチラシを送ったりする方法があります。

他にも、Web広告、メールマガジン、ブログ、ホームページ作成など、インターネットを利用した方法も、消費者の認知拡大に有効です。

 

また、それぞれのプロモーション方法では、アプローチすべき消費者層が異なり、必要な予算も異なります。

事前にプロモーションにかけられる予算や人員を確認し、ターゲットにアピールできる方法を選択することが大切です。

 

 



Posted Articles Title : マーケティング戦略「4P」とは? マーケティングにおける重要な4つの要素


Posted by : ビジネスを成功に導くグローバルマーケティング戦略のポイント




   
Share







>
CTR IMG