マーケティング特化型サイト「ビジネスを成功に導くグローバルマーケティング戦略のポイント」ではマーケティングスキル・ノウハウ・テクニック・実践例・体験談などを中心にあなたのビジネスの成功やブランディング構築に有益なマーケーティング戦略を配信しています。
「AISASの法則」のマーケティングプロセスについて具体的に解説

マーケティング手法「AISASの法則」とは? AISAS(アイサス)ってなに? AISAS(アイサス)モデルと何か違うのか?

マーケティング手法「AISASの法則」とは? AISAS(アイサス)ってなに? AISAS(アイサス)モデルと何か違うのか?

最終更新日 : 25-01.2022


マーケティング手法「AISASの法則」とは? AISAS(アイサス)ってなに? AISAS(アイサス)モデルと何か違うのか?

復習になりますが、前回は「AIDMAの法則」について説明しました。

AIDMA(アイドマ)とは、Attention(認知/注目)、Interest(関心/興味)、Desire(欲求/願望)、Memory(記憶)、Action(行動)の5つの頭文字をとり、A → I → D → M → Aと購買までの顧客心理を言語化させたもので、お客様が商品やサービスを認知してから購入するまでの行動プロセスを表しています。

マーケティング手法「AISASの法則」とは? AISAS(アイサス)ってなに? AISAS(アイサス)モデルと何か違うのか?

今回は、Webマーケティング戦略を立案する際の指針となる「AISASの法則」についてご紹介します。「AISASの法則」「AISAS(アイサス)モデル」「AISAS(アイサス)」などとも呼ばれていますが総称が違うだけで基本的に同じ定義と思って下さい。

インターネットの普及により、多くの消費者が商品を購入する前に自分で検索して情報を集めるようになりました。

数あるマーケティング理論におけるビジネスモデルの中でも、インターネットの存在を取り入れたマーケティングにおけるビジネスモデルで特に有名なのが「AISASの法則」である。

「AISASの法則」は、株式会社電通が提唱したもので、電通の登録商標

「AISASの法則」は、株式会社電通が提唱したもので、電通の登録商標であり、マーケティングの世界では、消費者が実際に商品を認知してから購入するまでの行動をマーケティングにおけるビジネスモデル化したもの、インターネットが普及した現代における消費者の購買行動プロセスを表したものを「購買行動プロセス」と呼んでいます。

 

「AIDMAの法則」と違い「AISASの法則」では、インターネットマーケティングにおいて非常に重要なポイントである「Search(検索)」「Share(共有)」がマーケティングプロセスに組み込まれています。

 

AISASの法則 = Attention(認知/注目)→ Interest(関心/興味)→ Search(検索/調査)→ Action(行動/アクション)→ Share(共有/シェア)

消費者がインターネットで得た情報をもとに、商品を購入するまでの行動プロセスを5段階に分けて示したマーケティングプロセスで構成されています。

 

 

「AISASの法則」のマーケティングプロセスについて具体的に解説

「AISASの法則」は5段階のマーケティングプロセスで構成されています。

「AISASの法則」のマーケティングプロセスについて具体的に解説

「AISASの法則」5段階のマーケティングプロセス

1. Attention(認知/注目)

2. Interest(関心/興味)

3. Search(検索/調査)

4. Action(行動/アクション)

5. Share(共有/シェア)

 

「AISASの法則」のプロセスをより詳しく説明します。

1. Attention(認知/注目)

消費者は、インターネットやSNS、広告などで商品を見て、初めて商品を認知します。

商品が消費者の目に触れなければ、自発的に手を伸ばすことはありません。

お客様を惹きつけ、商品を認知してもらうためには、マーケティング戦略が重要です。

 

2. Interest(関心/興味)

消費者は、自分が認知している商品に興味を持ちます。

集客においては、お客様が目にする広告が、その商品に興味を持ってもらえるような魅力的なものでなければなりません。

Webマーケティングでは第一印象が大切で、「この商品が欲しい」「この商品が気になる」「どんな使い方ができるんだろう?」と思ってもらうことが大切です。

 

3. Search(検索/調査)

消費者が商品を認知し、興味を持つと、その商品を検索します。

消費者はインターネットを使って、興味のある商品を検索し、情報を集めます。

Aさん「その商品のレビューはどうなっているの?」

Bさん「この商品は人気があるのかな?」

Cさん「似たような商品はないか?」

などと考えて、検索を開始します。

インターネットが普及した今、情報は誰にでも手に入ります。

 

4. Action(行動/アクション)

消費者が商品を購入するための行動を起こす段階のこと。

せっかく集客しても、購入するためのWebサイトがわかりにくかったり、購入までのステップが多すぎたりすると、お客様は購入をやめて諦めてしまいます。

消費者がスムーズに行動できるようにサポートすることが商品購入の直結させる上で非常に重要です。

 

5. Share(共有/シェア)

消費者が実際に製品を使用した体験をブログやSNSに掲載し、プロモーションを行っている。

「Twitterでリツイートしてつぶやいてみよう」

「Facebookで友人にシェアしてみよう」

など

消費者が自発的・突発的、無意識に集客や宣伝活動や口コミを行いバズ効果を発生させることになります。

 

 

AISAS(アイサス)モデルの大きな特徴は「Search(検索)」と「Share(共有)」

AISAS(アイサス)モデルの大きな特徴は「Search(検索)」と「Share(共有)」

ここでは、「AISASの法則」を通じて、インターネットの発展に伴う「Search(検索)」「Share(共有)」の変化について説明します。

「Search(検索)」は、インターネットが発展してきた世界を象徴しています。

インターネットがそれほど普及していなかった頃は、多くの情報を集めることが難しく、例えば、お店に直接行って情報を集める必要がありました。

今では、インターネットで検索するだけで、商品やサービスに関する多くの情報を集めることができます。

 

また、インターネットの普及に伴い、「Share(共有)」の在り方も大きく変わりました。

かつての「Share(共有)」は、井戸端会議のように近所の人と情報を交換することを意味していましたが、SNSや口コミサイト、掲示板などの登場により、不特定多数の人と情報を「共有」することが可能になりました。

 

オンライン市場、ECサイトなどで商品を調べたり購入することが主流となった現在では、「AISAS(アイサス)の法則」のマーケティング手法がゴールデンルールになっている傾向といえます。

情報や商品の供給者はこういった「AIDMA(アイドマ)の法則」「AISAS(アイサス)の法則」などのマーケティングノウハウ駆使していくことで商品販売力を高めていくことができるはずですので今すぐに実行に移していきましょうね。

 

 



Posted Articles Title : マーケティング手法「AISASの法則」とは? AISAS(アイサス)ってなに? AISAS(アイサス)モデルと何か違うのか?


Posted by : ビジネスを成功に導くグローバルマーケティング戦略のポイント




   
Share







>
CTR IMG